2017年03月26日

中国丹東の堤防ゲート

「金正恩委員長の異母兄弟の兄で、金正男がマレーシア・クアラルンプールで殺害 2017-2-13 」
「弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射 2017-3-6 」 と最近の北朝鮮に関するニュースが多い。

そういえば、2015年の五月連休に、「鴨緑江」と呼ばれる河をはさんで、北朝鮮との国境を形成する、中国東北部の丹東市を訪れたことを思い出した。
その時の、写真を見ていたら、河に沿った道路に、「坝门」Bà mén と呼ばれある、堤防の門・ゲートの写真があったので、あらためて、紹介します。

その鴨緑江沿いの道路である「滨海中路」の自動車道では、河の反対側に、厚さ約2m、高さ3〜4mほどのコンクリート製の堤防が作られている。ちょうど、鴨緑江の河から50mほどの距離である。
そして、生活道路を通すために、所々にコンクリートの堤防を開口した堤防ゲートがある。

どうも、鴨緑江の氾濫よる洪水が予想される時には、この堤防ゲートを閉じて、生活区域を守っているようである。

鴨緑江沿いに、対岸の北朝鮮を眺めながら散策していると、北朝鮮へと続く橋付近では、河の水位と1〜2m程しか、差がない部分も見られる。

鴨緑江沿い1.jpg

河の淵にも観光客が近づけるようになっている。

鴨緑江沿い2.jpg

地図の衛星写真の色から見て、南西〜北東斜めに鴨緑江沿いに細長く伸びる丹東の市街地ですが、鴨緑江から約1.7km入った地域は、ほとんど起伏がなく、海抜2m以下と思われる。

丹東地形図.jpg

鴨緑江沿いの公園を歩いていたら、鴨緑江公園に「丹東水文站」と表示されたモニュメントがあった。

水文站.jpg

「水文站」とは、河川などの水量・水位の観測所であるらしい。
最高洪水位として、「1995年8.25m」と「2010年7.35m」の水位を示すプレートが掲示されており、その当時の洪水の水位を改めて驚かされた。


丹東の自動車道路に沿った堤防および堤防ゲートを紹介する。
丹東には47基の堤防ゲートがあるそうですが、私が見学したのは、6ヶ所。

写真撮影したゲート.jpg

鴨緑江沿いの道路である「滨海中路」の自動車道を車で走ると、河の反対側にコンクリートの堤防が続いている。

市街地を守る堤防.jpg
写真の右側が鴨緑江の河となる。
市街区にはいる道には、ゲートが設けられ、このゲートにより市街区の80万人を守っているとのこと。
河の氾濫などで危険水位になるとゲートを閉め、市街地に侵入する水を食い止める。したがって、ゲートから門から川沿いの施設は、水没する。

丹東の北から、「7号 金海路坝门」、「8号 永安花园坝门」、「9号 迎江街东坝门」、「10号 迎江街坝门」を示す。

7号ゲート.jpg

8号ゲート.jpg

9号ゲート.jpg

10号ゲート.jpg

市街区へのゲートを有するコンクリートの堤防には、圧倒される。

自動車道沿いではなく、やや入った所のゲート2ケ所を紹介。
「16号 十纬路坝门」。丹東の税関近くの16号ゲート。河から約190mほど離れた所。

16号ゲート地図.jpg

片側3車線の主要道路である「十纬路」。道路幅は、20m以上ありそう。
したがって、広いゲートであり、2重のゲートになっており、道路を横切って2本の溝がある。

16号ゲート.jpg

ゲートを占めるときは、中央分離の柵も取り除かれるのであろう。

もう一つのゲートは、「19号 中联西坝门」。河から約120mほど離れた街中のゲート。

19号ゲート地図.jpg

コンビニの横のゲート。遠くに見えるマンションを守っているのだろう。

19号ゲート.jpg

以上が、見学した堤防ゲートですが、2010年の氾濫の時の状況を、ネットの写真を調べ、今回の旅行時の写真と比べてみた。

北朝鮮と中国丹東を結ぶ橋の状況。
洪水断橋.jpg

鴨緑江対岸の北朝鮮。中国側のような堤防は無く、自然のまま。
洪水対岸の北朝鮮.jpg

鴨緑江沿いの公園。
洪水公園.jpg

鴨緑江沿いの自動車道路。
洪水道路.jpg

堤防までせまる洪水。
洪水堤防.jpg

堤防ゲートの閉鎖。
洪水堤防ゲート.jpg

北朝鮮レストラン「柳京酒店」。
洪水柳京酒店.jpg

北朝鮮との国境を形成する鴨緑江の洪水の怖さを実感しました。
北朝鮮もミサイルを発射させるお金があるなら、中国側のように、洪水対策をした方が良いのでは・・・。

posted by kazuohage at 05:38| Comment(0) | 日記