2017年04月29日

女性の体型

ネットでセレブ(Celeb:有名人 【同】Celebrity)を検索していたら、「セレブの身長・体重、スリーサイズ、胸整形の有無」の英語のサイトがあった。各分類毎に、データが記載されていた。
おもしろそうなので、ながめていると、女性の体型について5種類に分類されていた。

女性の5体型とセレブの例.jpg

これでは、あまり実感できないので、他のサイトを探すと、5体型の写真があった。

5 body shapes.jpg

女性の体型が理解しやすい写真だ。それぞれ美しい体型。私のたるんだ体とは、大違い。

前述の5体型のセレブの写真を探した。

ヒップとバストは、ほぼ同じ大きさで、ウエストはくびれて狭い「砂時計」タイプ。
砂時計.jpg
砂時計セレブ.jpg

ヒップが肩幅より広い幅の「洋ナシ」タイプ。
洋ナシ.jpg
洋ナシセレブ.jpg

肩幅がヒップよりも広い幅の「逆三角形」タイプ。
逆三角形.jpg
逆三角形セレブ.jpg

バストとウエストがヒップより広い幅の「リンゴ」タイプ。
リンゴ.jpg
リンゴセレブ.jpg

ウエストはヒップとバストとほとんど同じ幅の「バナナ」タイプ。
バナナ.jpg
バナナセレブ.jpg


そして、セレブの体型のサイズにて、分類された「Supermodels」、「Sportwomen」 「Victoria‘s Secret models」の3分類の中の各セレブのデータを調べてみた。

body measurements.jpg

各体型別セレブの体型データの平均値を表にすると、
体型別データの平均値.jpg

これらの平均値を図で表すと、
各体型図.jpg

調査したデータにおいて、「Supermodels」、「Sportwomen」 「Victoria‘s Secret models」、および、Supermodels の分類の中の「Plus size models (大きい服のモデル・ぽっちゃりモデル)」は、体型が明らかにぽっちゃりなので、特別に抽出した。
これら、「Sportwomen」 「Victoria‘s Secret models」、「Plus size models (ぽっちゃりモデル)」、「Supermodels」の4分類における、体型の比率をまとめると、

体型比率図.jpg

グラフの上から、スポーツウーマンでは、砂時計とバナナと逆三角形の体型が多く占める。
米国の下着ブランドのヴィクトリア・シークレット・モデルでは、スリムなバナナ体型が多くを占める。
プラス・サイズ・モデル(大きいサイズの衣服のモデル)では、砂時計のほかに、リンゴ、洋ナシの体型が占めている。
スーパーモデルでは、砂時計とスリムなバナナ体型が占めている。

やはり、ファッションモデルは、ウエストがくびれた砂時計体型とスリムなバナナ体型に2分される。

プラス・サイズ・モデル(大きいサイズの衣服のモデル)を除いた、豊胸手術をしていないと言われているセレブにおいて、特に、自然なバスト、ヒップ、ブラのサイズが、大きなセレブを紹介する。

大きなセレブ.jpg
ウエストがくびれた砂時計体型が、多くを占め、複数のセレブが、バスト、ヒップ、ブラのサイズで共通しており、塗りつぶしたのは、重複するセレブ。

以下、その写真。

Anna.jpg

Serena.jpg

Myla.jpg

Katarina.jpg

Kenya.jpg

Kellita.jpg

Vanessa.jpg

Charlotte.jpg

Rhian.jpg

美しいです。


豊胸手術の有無を各分類で比べると、

整形の有無.jpg

スポーツウーマンに多くみられ、今回のデータでは、22%が豊胸手術をしている。
スーパーモデルでは、7%が豊胸手術をしている。

スポーツウーマンにおける豊胸手術のスポーツ分野にまとめると、

胸整形のスポーツ分野図.jpg
フィットネスモデルとレスラーが豊胸手術の多くを占める。

例として、豊胸したモデルとスポーツのセレブの体型、サイズを示す。

豊胸手術したセレブ.jpg

これでは、実感がないので、写真をネットでさがした。

Implants_Jenny.jpg

Implants_Brandi.jpg

Implants_Jennifer.jpg

Implants_Trish.jpg


胸の大きさについては、自然なバスト(整形のないバスト)で世界一でギネスに認定されている女性がいた。
「自然胸世界一」として1999年に43才で、認定されたノーマ・スティッツ(Norma Stitts、本名:Annie Hawkins-Turner)さん。

ギネス.jpg

米国生まれで、認定項目は、トップバストとアンダーバストのサイズ(トップバストが178cmで、アンダーバストが109cm)で、その差で69cmとなる。
ウィキペディアによると、彼女の胸(片方)の重さは約25kg。身長は168m。身長よりもトップバストの方が大きい。
なお、体重は160kg。
こうなると、女性の体型・・云々との領域外である。


ちょっと、アダルトですが、女性の体型・・云々の領域外で、ギネス認定の自然な胸世界一と豊胸手術で大きな胸の例を比べてみました。

ギネスと胸整形.jpg

バスト・サイズやブラ・カップなど、領域外の数字やアルファベットがならんでいる。

ここまで調べてのだから、ネットで見つけた写真を紹介。

BB_ Chelsea.jpg

Sabrina_Beshine.jpg

Maxi_Minka.jpg

Busty_Keisha.jpg

Sheyla.jpg

胸整形の3つの胸の不自然さが、記載されていたので、私なりに翻訳した。

胸の不自然さ.jpg

領域外がよく理解できた不自然さであった。やはり、自然が一番。


バストだけでは、片手落ちになるので、ヒップも調査した。


セレブのヒップについて、ネットで検索(大きい、美しい、ヒップで検索)した。したがって、一例として見て欲しい。

ヒップセレブ.jpg

Nicki.jpg
ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj) は、左腕に「上帝與你常在」と言う中国語(繁体字) のタトゥーを彫っている。 意味は、「神はいつでもあなたのそばに」 だそうだ。

Vanity.jpg
ヴァニティ・ワンダー(Vanity Wonder)は、無資格医の施すシリコン注射にのめり込み、5年間、16回の注射をした。感染症にかかって座ることもできない痛みに襲われたこともある彼女は、ヒップ増大にあこがれる女性に向けて警告を発している。彼女のニッネームは、「Shot Girl」」。
ShotGirl.jpg

SerenaSerena.jpg
セリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)は、アメリカの女子プロテニス選手。

Countess.jpg
カウンテス・ヴォーン(Countess Vaughn)は、アメリカの女優・歌手。

Blac.jpg
ブラック・チャイナ(Blac Chyna)は、アメリカのモデル。.

さすがに、ほとんどが整形、または、整形の噂のあるヒップばかり。

「Body Implants」という整形病院のサイトで、ビフォアー・アフターの写真があった。
このサイトでは、ヒップの整形について、お尻を大きくする整形と、美容的ヒップの整形(より女性的な曲線のヒップ、砂時計の体型になるためのヒップ)に分けていた。

それらの、ビフォアー・アフターの写真。

お尻を大きくする整形
お尻を大きくする整形1.jpg
お尻を大きくする整形2.jpg

美容的ヒップの整形
美容ヒップ整形1.jpg
美容ヒップ整形2.jpg


欧米人のキュッと上がって、均整の取れたヒップは、美しく見える。
この体型は、もともと欧米人は骨盤が前傾しているので、ヒップが上向きになるのだそうだ。
分かりやすい図があったので紹介する。

欧米人と骨盤.jpg


お尻も、プリッとしたお尻・小さなお尻・大きなお尻がありますが、サイズよりも、立体的に丸くつんと上を向いた逆ハート形が美尻であるとの説もある。

Butt Shape 図.jpg

Butt Shape 写真.jpg

どんなお尻でも、自然が一番だと思います。


整形に関して、ISAPS(国際美容外科学会:International Society of Aesthetic Plastic Surgery)の2014年度の主要な国の美容整形手術のデータがあったので、調べてグラフ化した。

整形手術件数.jpg
整形手術件数は、アメリカがダントツ1位。
なお、整形には、脂肪吸引・豊胸術・鼻形成術などの外科的手法と、ボトックス注射・ヒアルロン酸注入・レーザー脱毛などの非外科的手法があるそうだ。

この件数を、国の人口1000人当たりで表すと、
人口1000人当たり.jpg
韓国、アメリカ、ブラジル、日本の順になる。整形で有名な韓国が1位。

人口1000人当たりの豊胸手術件数は、
豊胸.jpg

アメリカ、ブラジル、コロンビアの順になる。南北アメリカの国が上位を占めている。

同じように、鼻の整形件数は、
鼻整形.jpg腹部たるみ.jpg
ブラジル、コロンビア、アメリカの順になる。豊胸手術と同じく、南北アメリカの国が上位を占めている。

日本が1位の整形件数を調べたら、脱毛整形件数があった。
脱毛.jpg

脱毛は、日本がダントツの1位。日本の意識も、変わりつつあります。

最後に、私の頭は脱毛処理していないのに、脱毛状態です。

以上



posted by kazuohage at 13:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: