2019年09月08日

南京大虐殺記念館の新館

かつて、日本軍が集団虐殺を行なった遺跡であり受難同胞の墓地の南京大虐殺記念館。中国fでは、「侵華日軍南京大屠殺遭難同胞紀念館」と呼ばれており、「中国侵攻日本軍による南京大虐殺被害者同胞記念館」との意味か。
新たに、第三期拡張工事を経て、2015年12月07日に新館がオープンした。
従来の「歴史」「平和」という2大テーマをベースに、「勝利」という新たなテーマを追加された。「正義必勝、平和必勝、人民必勝」の3つのテーマで、抗日戦争と第二次世界大戦への勝利を表している。

南京大虐殺記念館付近の衛星地図で、青い線で囲まれた地区は、従来の南京大虐殺記念館。新館は、北側の「茶亭东街」の道路を挟んで橙色の線で囲まれた地区。
衛生地図.jpg

南京大虐殺記念館のHPにおいても、従来の記念館と新館の展覧案内が表示されている。
HP従来.jpg

HP新館.jpg

南京大虐殺記念館は、かつて2014年4月末に訪れたが、その時はまだ新館は無かったので、今回(2018年10月)新館を訪れた。
地下鉄2号線の云锦路(Yúnjǐn lù)駅で下車し、侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆(Qīn huá rìjūn nánjīng dà túshā yùnàn tóngbāo jìniànguǎn)を左に見ながら、茶亭东街(Chátíng dōng jiē)を西へ600m程歩いて、抗战胜利纪念馆(Kàngzhàn shènglì jìniànguǎn)(三个必胜Sān gè bì shèng)着いた。入ろうとすると、入場不可で、出口であった。
侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆の入り口から入るとの説明。来た道を戻り、侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆の入り口に着く。侵华日军南京大屠杀遇难同胞纪念馆の見学順序の館内の展示は、かつて見学したので、スキップして通るだけで、出口を目指して足早に歩く。
やっと、三个必胜に着いた。見学順序の最後に位置しているようだ。
案内に沿って、坂道を登る。
案内.jpg

やっと、新館の入り口に着いた。地面からは3階の高さに感じた。
新館の入口.jpg

入り口の上部の看板とVictory勝利の両側の「V」には、中国語・英語・韓国語にて、「正義必勝、平和必勝、人民必勝」の文字が並んでいる。
上部看板.jpg

V.jpg

特に、新館の展覧案内では、「“三个必胜” −中国战区反法西斯战争胜利暨审判日本战犯史实展」と表示されており、「三つの必勝−中国戦域の反ファシズム戦争及び日本戦犯裁判史実展」のような意味。
三つの必勝については、「正義必勝、平和必勝、人民必勝」がテーマとなっている。

展示館では、日本が戦争を起こし、敗戦になるまでが展示されていたが、特別、興味のある展示は見当たらなかった。
日本投降.jpg

最後は、毛沢東、ケ小平、江沢民、胡錦濤、習近平の5人のの写真が展示され、中国は国際的にも、地位を固めたとのこと。
国家主席.jpg

いかにも、中国的な展示であった・

posted by kazuohage at 09:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: